大切な思い出はデジカメプリントに文字入れして残そう



写真プリントが安いデジカメプリント決定版TOP > コラム > 大切な思い出はデジカメプリントに文字入れして残そう

大切な思い出はデジカメプリントに文字入れして残そう

フィルムからデジタル写真が主流となった今、現像はどうしてる?


フィルム写真が主流だった頃は、撮った写真は現像しなければ見る事ができませんでした。そのため、たくさんの写真を現像してアルバムに残すことが当たり前のようでした。しかし、近年ではデジタル写真が主流となりスマートフォンやデジタルカメラで写真撮影をする人が多くなってきました。デジタルならば撮影の失敗もあまり気にする事もなくどんどん撮れるので、写真を撮る枚数は昔と比べると多くなったのではないでしょうか。しかし、写真をプリントして保管する人は少なくなりました。若い女性を中心に、撮った写真はSNSなどで共有することが流行っています。アップロードして共有することで写真を誰かに見せて、データとして残す、という感覚なのです。
パソコンの中に膨大な数の写真が整理されずに眠ったままだという人も少なくありません。現像は一切しないという人もいます。それでも、できるならば大切な写真は現像してアルバムなどに保存したいという人も少なくはありません。
パソコンのハードディスクやCDに写真のデータを保管している場合、それらが万が一壊れてしまうとせっかく撮ってきた思い出の写真が消えてしまうことになります。大切な写真のデータが消えてしまって青ざめたという経験をした人もいるのではないでしょうか。
データはなるべくバックアップをとっておくことが大切なのですが、本当にお気に入りで大切な写真であれば、現像しておくといつまでも消えてしまうことなく、確実に手元に残ります。

デジカメプリントはますます手軽に!様々なシーンで活用できる!


写真をプリントして整理したいという人も近年では再び増えてきており、プリントしたものをスクラップブッキングで装飾をして飾るという方法も流行っています。スクラップブッキングは写真をペーパークラフトなどで飾る方法で、アメリカで誕生し日本にやってきました。とても簡単に、誰にでもできることから女性を中心に、多くの人たちがスクラップブッキングにハマっています。これは写真を保管するというよりも飾って見て楽しむという方法です。好きな文字やペーパークラフトで写真を飾ってみると、また一味違った写真の楽しみ方ができるでしょう。
写真を自宅でプリントする場合、家庭用プリンターを用いてデジカメプリントを行います。写真印刷ができるプリンターがあれば、専用の用紙を用いてまるで写真屋さんに頼んだかのような、美しい写真ができます。また、コンビニエンスストアでも写真を現像することができます。業務用のプリンターなので、家庭用プリンターよりは性能がよく、綺麗に現像することができるのです。
しかし今、インターネットで注文することができるデジカメプリントがとても人気となっています。価格も低価格でプリントしてくれるところが多く、枚数が多くてもそれほど抵抗なく注文することができます。プロの手によって補正を行ってくれるところもあるので、少し暗かったかな?という場合でも明るく補正してもらえます。
縁を入れたり、真四角にプリントしたり、シールにしたりと様々なサービスがあるのですが、中でも人気なのは、お気に入りの写真をシャッフルして一枚の写真にまとめてくれるというサービスです。自分ではなかなかうまくレイアウトできなくても、自動でレイアウトを行ってくれるので、おしゃれに写真を飾りたいという人にはぴったりです。
ネットのデジカメプリントの最大の利点は、いつでも好きな時間に注文ができて、現像された写真は宅配してもらえるということです。インターネットが普及する前は、写真屋さんに行って現像を依頼し、現像できたらまた受け取りに行くという手間がかかりました。近年のネットデジカメプリントは、24時間注文を受付してくれて宅配してくれます。これは本当に便利になったと感じるポイントです。インターネット上でデータをやりとりするだけで、綺麗な写真になって送られてくるというのは忙しい人にはぴったりです。

デジカメプリントに文字を入れたい場合はどうするの?


幼稚園や学校、会社などのイベントの際に集合写真を撮ることが多いですが、これらの写真には日付やコメントなどが入っていることがあります。自宅でデジカメプリントしようとしても、写真を編集するような技術がなければなかなか難しいところです。写真編集用のソフトで予め文字入れをしておいて、それをデジカメプリントで現像依頼するという方法もありますが、会社によっては文字入れも引き受けてくれるところがあります。文字の色や配置、フォント、大きさなども細かく指定することが可能です。ただ、文字入れサービスの場合は利用条件が設けられていることもあるので注意が必要です。枚数が10枚以上と設定されていたり、横向き写真限定という場合もあります。また文字数にも制限があることが多いです。値段も普通のデジカメプリントと比べると割高になりますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

次の記事へ