デジカメで撮った大量の写真を印刷して上手に保存



写真プリントが安いデジカメプリント決定版TOP > コラム > デジカメで撮った大量の写真を印刷して上手に保存

デジカメで撮った大量の写真を印刷して上手に保存



デジカメで撮った写真の保存方法



フィルムカメラが主流だった頃より、デジタルが主流となっている昨今、シャッターを切る回数もかなり多く、その分写真のデータも膨大な量になっていませんか。データの保管も作業が面倒くさくなってしまうと、ついつい放置しがちになります。撮ったまま、カメラのSDカードにデータが入ったままだったり、パソコンに保管してそのままになってしまっていたりと、いつか整理しようと思ってもなかなか出来ないものです。

オンライン上でウェブアルバムとして保存している方もいますが、パソコンやスマートフォンなどの機器がないと閲覧できないので、プリントして保管しておきたいという方もいます。例えば、デジカメ写真をフォトブックにする方法や、プリントしたものをポケット形式になっているアルバムに挟んで保管する方法など様々です。パソコンやハードディスクにデータを全て保存している場合は、万が一、パソコンやSDカードのような記録媒体が壊れてしまっては修復が出来ないこともあるので、バックアップをとっておく必要があります。その確実な方法としては、大切なものはプリントアウトしておくことです。

カメラ屋さんへ行くと、店頭に写真をプリントする機械が設置されているほか、現在は、家電量販店へ行くと同じような機械が設置しているところもあります。さらに、コンビニでもプリントをおこなうことが可能です。その場ですぐに受け取ることができるものもあるので、利用している方もいるのではないでしょうか。中には、自宅のプリンターで印刷をする方もいるかもしれませんが、インク代以外にもメンテナンス費用や手間もかかるので、業者に頼んでしまった方が安いことがあります。

ネットプリントであれば、自宅にいながらデータを送るだけで数日で自宅に写真が届くので大変人気を集めています。旅行やイベントの記念、子供の成長に合わせてプリントした写真を綴じて残しておくと、ふとした時にも見返すことができます。



紙の質、インクなどによって写り方は違うのか



ネットプリントは低価格での現像が可能です。デジカメ写真をプリントする際に使われるペーパーは、安ければ安いなりの紙を使っています。品質の良いペーパーであれば、写りや発色も良く画質が良く見えます。また自宅でプリントする時は、主にインクジェットプリンターを使用するケースが多いのですが、インクジェットは水に濡れてしまうと滲んでしまうことがあります。さらに、光を浴びると色あせてしまったりするので、長期保管するのには適していません。インクジェット以外であれば、銀塩プリントの方が長期保管が可能です。

銀塩写真は耐水性にも優れ発色も良いです。フィルムカメラを現像する際には当たり前のように使われてきたもので、100年保存できるとも言われているように、耐久性もあります。ただ、最近のインクジェットプリントも性能がかなり良くなっているものもあり、プリンターによっては発色も良く長期保管にも向いているものもあります。専用の用紙とインクを使用することによって、銀塩写真のような長期保管も可能となっているのです。インクジェットプリントでも銀塩写真を超える美しさだと宣伝しているところもあります。



デジカメの写真を印刷する時のサイズ



デジカメで写真を撮って印刷する際に、写真のサイズを選ばなくてはなりません。デジカメでも、コンパクトデジカメや一眼レフデジカメによって縦横比が異なるので、紙のサイズ選びを間違うとせっかく印刷した写真の上下左右が切れてしまうという現象が起きます。よく見かける写真で一般的なサイズがL版で127×89mmというサイズです。コンパクトデジカメの比率が4:3が主流となっており、これをL版サイズで印刷すると上下がカットされて印刷されることになります。

また、一眼レフカメラはコンパクトデジカメよりも少し横長の3:2という比率が主流となっています。L版で印刷すると左右が少しだけ切れてしまうことになるのですが、あまり大きく気になるほどではありません。フィルムカメラも3:2の比率なのでL版が昔から主流となってきたのです。DSCサイズというものは89×127mmで、これは縦横の比率が4:3に近く、コンパクトデジカメに向いているサイズで、切れる部分が少なくなります。

デジカメには最適ですが、一眼レフカメラの写真を印刷すると左右が大きく切れてしまうので注意が必要です。はがきサイズは102×152mmでL版よりも一回り大きいサイズです。別名ではKGサイズとも呼ばれています。実はこのサイズが一眼レフの縦横比3:2に最も近く一眼レフで撮影した写真を印刷する場合はこのサイズが最適です。日本ではL版が主流ですが、世界的に見るとこのKGサイズの写真が主流となっています。2L版はL版の2倍で127×178mmで、これは集合写真でよく使われているサイズです。さらに、これも一眼レフに適しているサイズです。

写真館などで良く見かけるのが六つ切りや四つ切りというサイズです。六つ切りは203×254mmで縦横比が4:3に近いことから、コンパクトデジカメを印刷する時に適しています。四つ切りは253×305mmで大きく写真を伸ばす際には最も人気のあるサイズであり、このサイズを飾るための額縁の種類もたくさん売られています。

次の記事へ