撮影テクニック


テクニック サンプル画像3

基礎編


赤ちゃん・子供編


ペット編


イベント編


夜景編


集合写真編


商品編


ペット編


■ペットとのコミュニケーション

撮影の第一歩は、ペットとの信頼関係の構築です。日ごろからペットと心の交流がしっかりできていれば、 飼い主にしか撮れない写真を撮ることができます。そしてとびきりおもしろい瞬間を撮れるのはやはりいつも一緒にいる飼い主をおいて他にはいないものです。


最初は、ペットを自由に遊ばせながら撮影する方がいいでしょう。はじめからバシャバシャと撮らずに、優しい気持ちで話しかけながら撮りはじめ、ペットにリラックスさせることが大切です。徐々にカメラに慣れさせたら、なんらかの命令を与えてみましょう。短時間ならペットも集中力を切らさないはずですが、しつこい撮影は苦手です。


ペットに「カメラは怖いものではなく楽しいもの」と思ってもらうこと、これがスムーズな撮影の基本です。



■高さを変えて撮る

ペットは背が低いので、どうしても見下ろすような角度で撮影しがちです。高い位置から撮影すると、足が短く見えたり表情が表せなかったりします。カメラをペットの目線まで下げて撮ると自然な姿になり、ペットの表情も良く見えるようになります。時には地べたに腹ばいになるような角度で撮ってみましょう。また、ペットは思い通りには動いてくれませんから、撮影アングルを変えるためにはカメラマンが動くことと覚えておいてください。


普通に見るように撮るのはごくごく当たり前ですが、動物の写真もレンズを見ている方が印象の強い写真を撮ることができます。誰かに手伝ってもらってカメラの後ろから犬の気を引いてもらったりして、ばっちりカメラを見ているときを狙ってシャッターを切りましょう。好きな食べ物や、気を引く音、おもちゃなど、使えるものはなんでも使ってよいと思います。あまりやり過ぎるとカメラ嫌いになってしまうかもしれないので、ほどほどに。カメラの方を見るまで辛抱強く待つのもひとつの方法です。



■光の角度を変えて撮る

斜光

ペットが照らされている光の角度により、顔やからだの立体感、毛なみの見え方などが変ります。ペットの正面から照らされているとき(順光)は、影が少ないので細部まで良く見えます。斜めや横から照らされているとき(斜光)は、影が出るので立体感があります。後ろから照らされているとき(逆光)は、ヒゲや毛なみが光ります。光の当てかたをいろいろ変えて撮影してみましょう。