撮影テクニック


テクニック サンプル画像2

基礎編


赤ちゃん・子供編


ペット編


イベント編


夜景編


集合写真編


商品編


赤ちゃん・子供編


■撮影するタイミング

赤ちゃんや子供は成長が驚くほど早いもの。毎日がシャッターチャンスです。このシャッターチャンスをできるだけ多くとらえるためには、常にカメラを準備しておいて、いつでも撮影できるような態勢を整えておくことが大切です。


デジカメなのでたくさん撮ってその中からベストショットを選びましょう。また連写モードを利用して撮影してみるのも手段のひとつです。できるだけ多くシャッターを切って、いい表情や楽しい様子を撮りましょう。


また、「これから写真を撮るよ」とあらためてカメラを向けられると、子どもは意識してしまいます。緊張してしまうといい表情が撮れません。自然な表情をとらえるためには、何かをしているときを狙うのが良いでしょう。例えば食事をしていることろや、遊んでいるところなどは絶好のシャッターチャンスです。ズームを使い、少し離れたところから撮影すれば、子供は撮られていることに気付かず、より自然な表情を撮ることができます。



■目線が大切です!

大人の目線の高さから子供を見下げた写真では、それは大人から見た子供の世界なのです。そこで撮った写真には大人と子供の距離感がどうしても写し込まれてしまいます。子供の目線と同じ高さで撮影するとより自然で可愛らしく撮影が出来ます。ひざをついたりしゃがんだりして話かけながら撮影すると子供もリラックスするので、より自然な表情をとらえることができます。


赤ちゃんを撮るときは、動きが少ないのでとくに表情が大切です。泣いているとき、笑っているとき…どんな表情でも絵になりますが、撮影のポイントは目にピントを合わせることです。これは赤ちゃんだけでなく人物の写真を撮るときは、顔ではなく『目』にピントを合わせるということを忘れないようにしましょう。



■いろんなものを撮っておこう!

子どもの成長記録を残すのは、かわいい笑顔だけではありません。澄んだ瞳や小さな手足、後ろ姿も立派な記録になります。様々なものに着目して写真を撮ることでよい思い出を残せることになるでしょう。子供の大きさと比較するために違う被写体も入れておけば、「赤ちゃんの時の手って、こんなに小さかったのー?」と驚くことも。
沢山写真を撮られたら、良いものをチョイスしてデジカメプリントするとよいでしょう。
データよりも紙焼きされたデジカメプリントを額などに入れて飾ると見栄えがします。


撮影 赤ちゃん