• 写真プリントが安いデジカメプリント決定版TOP > 撮影テクニック > 基礎編
  • 撮影テクニック


    テクニック サンプル画像1

    基礎編


    赤ちゃん・子供編


    ペット編


    イベント編


    夜景編


    集合写真編


    商品編


    基礎編


    ■正しく構えて、手ぶれを防ごう!

    撮影の基本は、カメラを正しく構えることです。ちゃんと構えているつもりでも「手ぶれ」写真になっていませんか?
    正しいカメラの構え方はブレを防ぐためにとても大切なポイントとなります。本体の小さいカメラは特にぶれやすいので、両手で持って撮るようしましょう。


    具体的には脇を軽く締め、右手は人差し指が自然にシャッターボタンの上にのるようにグリップを持ちます。左手は一眼レフカメラではレンズの下を支え、コンパクトカメラの場合は軽く曲げた人差し指の上に本体を乗せ、親指で本体左側面を支えるようにします。
    特に小さいカメラの場合は、ストロボやセンサーなどを指で覆ってしまわないように注意しましょう。ストロボの前に指がかかると、ふさいだ分明るさの足りない仕上がりになってしまうことがあります。


    シャッターボタンの押し方も重要です。シャッターボタンを押した際にカメラ本体も動くのが手ぶれの原因なのでシャッターボタンは静かに確実に押しましょう。指の腹でボタンに広く触れながら、いっきに押し込まず、半押しでいったん止め、チャンスにもう一押しする方法がブレを最小限に抑えます。


    また、ストラップを手の甲に巻き付けてカメラの安定性を良くしたり、固定物に押し付けたり、ひじを何かに当てたりして体を固定するもの良い方法です。



    ■ピンボケをなくそう!

    一般的にデジカメはファインダーの真ん中にあるものにピント合わせをするように作られています。撮りたいものが左右にずれていると中央にある背景の方にピントが合って被写体がボヤけて写ってしまうこともありすよね。

    こんな時は「フォーカスロック」の機能を使いましょう。まず撮りたい被写体をファインダーの中央に置いて、シャッターを半分だけ押します。この「半押し」状態でピントは固定されます。このままカメラを動かして撮りたい構図にしてから、シャッターを押しきると狙い通りのピントがあった写真が撮れます。

    このときに注意することは、ピント合わせはレンズと被写体との距離に合わせているので、フォーカスロックしてからフレームを動かすときに被写体との距離がずれないようにすることです。



    ■三脚を使おう!

    状況によっては、どうしても不安定で手ぶれを起こしてしまうときがあります。
    そんな時は三脚を使って安定させましょう。大きな三脚は重くてかさばりますが、コンパクトなミニ三脚もあります。
    カメラ本体が大きな機種には向きませんが、折りたたむと10cm程度になるタイプもあり携帯にも便利です。


    icon icon

    ■縦位置と横位置を使い分けよう!

    写真を撮るときはついついカメラを横位置にして撮影しがちです。人間の視界は横長なので 横位置の写真の方が自然な感じの写真が撮れるのです。しかし、人を撮影するといった縦長の被写体を撮影する場合などは縦位置で撮影するほうが自然な写真が撮れる場合が多くあります。


    一般的には横位置で撮影した場合は、縦で撮影した物よりも横への広がりが強く、縦位置で撮影した場合には、奥行きや高さが横位置で撮影した物よりも強く表現されると言われています。縦と横を切り替えるだけでも、写真の雰囲気が全く変わってきますよ。



    ■構図を考えよう!

    写真をたくさん撮っていると、案外バランスが悪く、迫力のない写真になっていたと思うときもあるでしょう。どのような構図にすれば「上手な写真」に見えるのか、そのポイントをご紹介します。


    三分割法

    構図を決めるときに、最も効果的で簡単なコツというのがあります。それが「3分割法」です。画面を縦横それぞれに三分割して、水平線や縦線はこの線の上に、ポイントとなるものは、縦横の線の交点に置くというやり方です。被写体を画面の中心からわざと外すことで、バランスのいい、安定した構図になります。2つの被写体を、4点のうちの対角線上の2点に配置するのも効果的です。


    被写体を真ん中に置いた構図が必ずしもダメというわけではありません。被写体を中心にとらえたすばらしい写真もあります。あくまでも基本として考え、自分の撮影したい意図を考えて撮影するといいでしょう。

    いろいろ試してみるとデジカメプリントも素晴らしいものが仕上がるに違いありません。