カメラに関する用語集



写真/デジカメ用語


下のリンクをクリックすると、50音順に表示されます。


あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行A~Z



■は行

バックアップ

破損や紛失に備えて、プログラムやデータを別の記憶媒体に保存しておくこと。または保存したデータ自体をバックアップと呼ぶ場合もある。


半押し

シャッターボタンを軽く押し込んで、いったん重くなる部分まで押すこと。ピントを合わす時に使う。さらにシャッターボタンを奥まで押し込むことを全押しという。


被写界深度

これは、ピントがあっているように見える範囲のことを指す。範囲が広いと被写界深度が深い、狭いと被写界深度が浅いという。


被写体ぶれ

写真撮影で、シャッターが切れる間に、被写体が動いてしまうことによって、写真中の輪郭部分などが不鮮明になること。


ヒストグラム

ヒストグラムとは、画像の濃度値の出現分布を示したグラフや表示機能のこと。


ピンぼけ

ピントがあわずに映像がぼやけていること。ピントがずれる、ピントが外れているなどともいう。


ファインダー

撮影範囲やピントを調節するために、カメラに付けられている覗き窓の事。


フラッシュメモリ

データの消去・書込みを自由に行なうことができ、電源を切っても内容が消えない半導体メモリの一種。デジタルカメラや携帯電話に装着するメモリーカード、USBメモリー、携帯音楽プレーヤーの内蔵メモリーなどに使われています。


ホワイトバランス

撮影時の光源による色味の違いを補正する機能のこと。太陽光、蛍光灯、白熱灯などのモードが用意されている。