カメラに関する用語集



写真/デジカメ用語


下のリンクをクリックすると、50音順に表示されます。


あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行A~Z



■た行

ダイナミックレンジ

ひずみや雑音などなしに再生できる範囲。信号の再現性能力のこと。最大の信号と最小の信号の大きさの比。db(デシベル)で表す。


多重露光

一コマの中に複数の画像を写すこと。多重露出とも言う。


デジタルズーム

デジタルカメラやデジタルビデオカメラで、撮影している画角の中心部分を拡大するズーム方式。CCDの中心部分のみを使用するため、画質は劣化する。通常のカメラと同じようにレンズによってズームする方式は光学ズームという。


手ぶれ

写真撮影において、シャッターを切る瞬間にカメラを持つ手が動いてしまうことによって、写真中の輪郭部分などが不鮮明になること。手ぶれを防ぐためには、三脚などを使ってカメラを固定する、シャッター速度を上げる、などの方法がある。


手ぶれ補正

手ぶれ補正とは、手ぶれを防ぐための機能のこと。手ぶれ補正には、光学式手ぶれ補正機能と電子式手ぶれ補正機能がある。光学式手ぶれ補正機能は、センサーでぶれを感知し、レンズユニットそのものを動かして手ぶれを防ぐ。一方、電子式手ぶれ補正機能は、画像処理によって手ぶれを防ぐ。手ぶれ補正機能の効果は、光学式の方が高く画像劣化もない。だが、光学式の手ぶれ補正機能を搭載したレンズは、通常のレンズより大きくなる弱点がある。


トリミング

画像に含まれる不要な部分、一般的には上下左右を切り取って構図を整えること。画像編集ソフトではトリムと呼ばれる場合もある。