デジタルカメラの楽しみ方

デジカメで撮ろう!


ここ数年で、一般家庭に急速に普及したデジタルカメラですが、その魅力はお手軽で使い勝手の良さにあるのではないでしょうか。


デジタルカメラは、撮ったその場ですぐ画像で確認でき、撮影を失敗しても記録媒体から削除すれば良いだけです。記録メディアも大容量になり、フィルムのように残りの撮影枚数を気にせず、何枚もバンバン撮ることができます。

現在では1000万画素を超えるものでもお手頃な値段で購入できますし 携帯電話のカメラ性能も格段に進歩しています。

また、撮影後はパソコンに取り込んで、編集ソフトで自由に加工することも可能です。また、お友達にメールで送信したり、ブログにアップしたりと、さまざまな活用方法があります。
また撮影したら可能な限りデジカメプリントしておきましょう!


デジタルカメラの便利な特徴を生かして、デジタルフォトライフを楽しみましょう!


1. たくさん撮ろう!

記録メディアの大容量化に伴い、残りの撮影枚数を気にせず、たくさんの写真を撮ることができるようになりました。また、デジタルカメラは撮った画像をすぐその場で確認することができ、失敗した画像もすぐに削除することが可能です。色々なものをたくさん撮影してみましょう。デジタルカメラの楽しみはそこからはじまります。


色々なものを撮りましょう!
デジカメを購入したら、色々なものを撮影してみましょう。カメラの機能を全部使い切りましたか?いろいろ撮影してお持ちのカメラの良さを生かした写真を撮りましょう。


シャッターチャンスを逃さない!
現在、コンパクトデジカメは小さくて軽いものがたくさん出ています。特別なおでかけの時だけ持ち歩くのはもったいないと思いませんか?さほど荷物になるものではありませんから、いつもバックに入れて出かけましょう。また、家庭でもテーブルの上などにいつも置いておくと、デジカメの出番もきっと増えるでしょう。何気ない日常の生活の中から思わぬベストショットが生まれるかもしれませんよ。



2. TVに接続

A/V OUT端子のあるデジカメならテレビと簡単に接続できます。
付属の専用A/VケーブルでA/V OUT端子とテレビの映像入力端子をつなぐだけでOKです。
大型画面で家族みんなで写真を鑑賞することができます。


TVに接続



3. パソコンに取り込もう

デジタルカメラの良いところは、撮った写真をパソコンで活用できることです。

パソコンに取り込むには、USBケーブルで取り込むか、直接記録メディアをパソコンに差し込むことで保存が可能です。

画像をパソコンに取り込めば、画像編集ソフト等を利用することもできます。
スライドショーで楽しんだり、画像の補正・修正も行えます。
また、メールに添付してお友達に画像を送ることもできます。
ネットでデジカメプリントを注文することも簡単です。

デジカメ写真の画像編集


パソコンに取り込む


写真のデータがパソコンにたまってくると、見たい写真を探すのも一苦労です。デジカメデータを活用するためにも、管理しやすく整理しておきましょう。撮影した日付や、テーマ毎に分かりやすい名前でフォルダ分けしておきましょう。最近のパソコンには、便利なアルバム機能がついたソフトが入っているものもあるので、こうしたソフトを利用するのも良いでしょう。


パソコン故障

注意していただきたい点は、「パソコンはある日突然壊れることがある」ということです。
大切なデータですから、必ずDVDやCD-R、外付けHDDなどにバックアップをとるようにしてください。


画像の保存について



4. デジタル写真立て

このところ家電量販店でも取扱いが増えているのが、デジカメで撮影した画像を液晶ディスプレーなどに表示する「デジタルフォトフレーム icon」です。 画像を保存したメモリーカードをフレーム本体に直接挿入するだけで、ディスプレーに写真が映し出されます。 自動的に画像が次々と映し出されるスライドショー機能のほか、カレンダーや時計を表示する機能もあります。 また音楽データを取り込んでBGMとして利用できる機能を持つ商品もあります。

iconicon

5. 画像を共有する

写真共有Webサイトに画像をアップロードすれば、友だちや仲間とデータのやりとりや大切なデータの保管ができます。ほとんどの写真共有サイトでは、画像を無料(サイトのポリシーを必ずチェックしてください。 )で共有および保存できます。