デジタルカメラの基礎知識


デジカメ サンプル画像8

デジタルカメラと普通のカメラとの違い!


画像サイズ、画質について


記録メディアについて


デジタルカメラの種類


デジタルカメラの機能について


デジタルカメラの選び方


デジタルカメラのお手入れ


画像データの保存


画像データの保存


デジタルカメラで撮影された画像データの保存は、どうされていますか?

写真屋さんや家庭用プリンタでデジカメプリントすることもなく、
「メモリーカードに入れっぱなし」、「とりあえずパソコンにコピーしてそのまま」という方も多いのではないでしょうか?


デジタルカメラや携帯電話で写真を撮る機会が増え、撮影した画像を整理するのも大変な作業となりました。
ついつい後回しになりがちな画像の保存・整理作業ですが、デジカメデータはフィルムと違い、消える時は一瞬です。
突然、メモリーカードが読めなくなったら、、、パソコンが故障したら、、、
そうなってから慌てないためにも、日ごろからこまめにバックアップをとるように心がけましょう!


では、どのような記憶媒体バックアップをとるのが良いのでしょうか。しかし、ちょっとインターネットで調べればお分かりいただけると思いますが、こうすれば大丈夫という方法が無いのが現状です。DVDやCDにしろ、HDDにしろ寿命があり、その寿命も保管方法や使用頻度などにより、大きく変わってしまいます。大切なデータですから、同じ画像を2箇所以上に保存するようにしてください。


DVD/CDへ保存

DVDやCDに保存する場合、まず注意していただきたいのが、良質なディスクを選ぶことです。ディスクの品質が寿命を大きく左右します。国産または日本メーカーのディスクを使うのが一番です。 海外製の安いノーブランドディスクの使用はさけましょう。長期保存するためには、直射日光、高温多湿な環境を避け、収納ケースに入れて保管ください。

文字などをレーベル面(表面)に記入する場合は、フェルトペンなどの先の柔らかい筆記用具を使用してください。CD-Rはレーベル面に記録層が貼られているため、裏面よりも表面に気をつけなくてはなりません。指紋などの汚れは、柔らかい布や市販のCDクリーナで取り除くようにしましょう。適切な保存管理をすれば、10年以上はもつといわれています。

DVD

外付けHDDへ保存

外付けHDDの魅力は何といっても大容量であることですが、HDDはパソコンの部品の中で最も故障しやすい部品です。高温を避け、使用中は振動や衝撃などを与えないように充分注意しましょう。長期間動かさないHDDはディスクを読み取るヘッドが固着して動かなくなることがあるため、定期的に使用しましょう。HDDの寿命は、使い方や使用環境などによって変わってきますが、一般的に3~5年と言われています。できれば2台のHDDにバックアップをとるようにしてください。
外付けHDD

デジカメプリントして保存

やはり大切なお写真はプリントして保存しましょう。アルバムに貼って適切な保存管理をするのが、一番確実で長持ちです。家庭用のインクジェットプリンターで印刷した写真は耐久性が低いので、銀塩デジカメプリントで残しましょう!

写真の大敵は、光、高温・高湿、カビです。押入れなどの風通しが悪い場所に保管しないようにしてください。